メンテナンスリセット

毎度ご覧いただきまして、ありがとうございます。

ケーズファクトリーの前田です。

 

今回は、メルセデスベンツ W222 Sクラスの後期型の

メンテナンス表示のリセット方法について、

お話を進めさせていただきます。

 

今回も最後までお付き合いくださいね!!

 



ベンツのメンテナンス表示とは?

メルセデスベンツには、定期点検・車検・オイル交換などを

メーター上でお知らせする、システムが有ります。

 

日付は365日からカウントダウンされ、次回の12か月点検の期日が

近づくと、”メンテナンス あと〇〇日” という表示が出ます。

 

走行距離によっても表示されます。

15000Kmからカウントダウン(Sクラス ガソリン車の場合)され

0Kmに近づくと、”メンテナンス あと○○○○Km” という表示が

メーター上に出ます。

 

日付の残り又は走行距離の残りの0に近いほうからメーター上に表示されます。

 

特に故障ではないので、そのまま乗り続けることも可能ですが、

エンジンを始動する度に、メーターに表示されてしまうのが

気分的には良くありませんね!

 

メンテナンス表示が出てしまった時の対処法

通常は、12か月点検又は24か月点検(車検)やエンジンオイル交換時に

メルセデスベンツ用故障診断機(XentryDAS等)でASSYST設定から

メンテナンスをリセットします。

 

しかし、このメルセデスベンツ用故障診断機を持っていない

修理工場やガソリンスタンド、カーショップで車検やオイル交換を

した場合、メンテナンスリセットして貰えない事が有ります。

 

そういった場合、リセットのみディーラーで実施してもらうのも

気が引けるし、そのまま乗り続けるのも嫌だという方に

メンテナンスのリセット方法をお教えしたいと思います。

 

手順は次の通りです。

 

W222 後期型のメンテナンスリセット手順

① エンジンフード、ドア及びトランクリッドまたはテールゲートを閉じます。

 

② イグニッションスイッチをポジション1(アクセサリー)にします。

 

③ フィンガーナビゲーションパッド上でスワイプしてメーターでメニュー項目『トリップ』で

基本画面『総走行距離/オドメーター』を選択します。

オドメーター

④ 戻るボタン(家のマークの上にクルっと矢印ボタン)を1.5秒間、

押して保持しながらフィンガーナビゲーションパッドを押します。

 

⑤ マルチファンクションディスプレイ(メーター内)にワークショップメニューが

インデックスとともに表示されます。

 

⑥ メニュー内容は下記のとおりです。
車両データ、ダイナモテスト、ブレーキパッド交換、メンテナンス、ヘッドアップディスプレイ(装備に応じて)

メンテナンスリセット

⑦ メンテナンスで整備データ、フルメンテナンス、フルメンテナンス確認、オイルグレード、

メンテナンスを実施しましたか?、はい、取り消しは出来ません、確認の順に操作します。

メンテナンスリセット

 

メンテナンスリセット

 

メンテナンスリセット

 

メンテナンスリセット

 

メンテナンスリセット

 

メンテナンスリセット

⑧ 次のメンテナンスは あと15000Kmですが表示されたら成功です。

 

⑨ リセットが終了したら、戻るボタンでトリップ画面まで戻して、イグニッションスイッチをOFFにします。

 

⑩ 以上で終了です。

 


メンテナンスリセットに関するご注意

この作業はあくまでも参考です。

車によって操作方法が違う場合が有ります。

ご自身の責任で行ってください。

トラブルが発生しても当方では一切責任は負えません

この記事に関する質問にはお答えできませんので、お問合せはご遠慮ください


これ以前のお車は、こちらを参考にしてください!!

メルセデスベンツのメンテナンスリセット方法(一例)